就職試験の履歴書と面接

就職活動は通常ならば履歴書などの書類審査から入り、後に面接試験へと進んでいきます。このどちらもが欠かすことのできない重要なものです。履歴書の項目と面接で聞かれる質問内容とでは、同じようなものがあるので良く考えて作成しなければなりません。日本語の採用試験だけでも難しいのに、それが英語となると余計に難しく感じられるものです。しかし、外資系の企業に勤めたいと考えるならば、英語の履歴書と面接は避けて通ることはできません。ポイントを掴んで臨むことが必要です。

英語の履歴書と面接の心構え

日本語での履歴書や面接において、必要となることはさまざまありますが、それはあくまでも日本人の気質に則ったものとなります。しかし、英語の履歴書や面接を行う企業というものは、外資系の企業など外国人を相手とする仕事がおもなものとなるので、求められる対応も日本人に好まれるものではなく、外国人に対して好まれるものであることが重要です。英語での履歴書や面接を受ける際に重要となるポイントは、伝えたいことは簡潔に、かつ初めにかいたり話したりするということです。長く話し結論を後に盛っていきがちな日本の話し方ではなく、こちらの方がより効果的にアピールできます。また、日本では謙虚は美徳ですが、海外においてはアピールが足りないということになるので、積極的な姿勢が大切です。

効果的な言葉選びで臨む

外資系の企業や英語を活用する企業で働きたいと考えていても、英語の履歴書や面接を受けるほどの英語力に自信がないという人も多くいます。しかし、英語の履歴書や面接において、高度な英語力はあまり必要ありません。Action verbsと呼ばれるパワーワードを使用すれば、解決できます。

英文レジュメは日本の履歴書とはフォーマットも異なり、書き方やアピールの方法が違うので注意が必要です。