履歴書に求められること

英語の履歴書に求められることは、自分自身が採用されるべき人物であることを示すことです。たった一枚の紙に自分の経験能力強みを簡潔に記す必要が有ります。言葉の選び方や文の構成を見れば、例えTOEICで高得点を取っていても実力が分かってしまいます。ですが外資系企業は実力重視なので語学に自信の無い方は専門スキル・個人の能力が優れている事を証明する必要があります。具体的には経験が物を言います。どんな些細な経験でも企業の力になれるのなら明記すべきですし、自分を盛ることが大切です。

簡単な履歴書の書き方

写真を貼る必要無ければ型式すらありません。まずは企業の要求する人物像に沿った最もPRしたい自分の経験をまとめとして明記し、付随して職務経験・学歴・保有スキルを明記しましょう。とにかく実績で評価されるので職務内容の記述は最小限に抑え、成し遂げた業務について具体的な数字を絡めて簡潔に明記しましょう。前職での経験が浅い方は学生時代のインターンシップや趣味などで用いた知識など求人要項に合致する経験は何でも盛り込みましょう 。もう一度言います、何でもです。実績の大小関係無く使える物は全て使うスタイルが大切です。そして言葉の選び方も重要で、ポジティブさを連想させる言葉を使いましょう。こうすると本人の資質のアピールにも繋がります。

英語面接を受ける心得

英語の履歴書に関する情報をまとめました。外資系企業は日系企業よりもドライで、 面接に呼ばれない限り落選の連絡が来ないことも多々あります。紙一枚で話す機会を得られるかが決まるので注力して作成しましょう。そして場数を踏むことが全てです。割り切って取り組みましょう。

職務経歴書を英語で書く際には、和文をそのまま英訳すればいいわけではありません。日本語で通常の職務経歴書を書き、その中でも特にアピールしたい点を簡潔にまとめ、英文の職務経歴書に書くようにしましょう。