学校で学ぶか、独学で試験に合格するか

保育士になるためには、大きくふたつの方法があります。ひとつは厚生労働省認可の保育士養成学校に進学し、既定科目をすべて履修して卒業すること、もうひとつは年に2回行われる国家試験を受けて合格することです。保育士養成学校には四年制大学、短期大学、専門学校があります。時間的・経済的に問題がなければ、通学して学び、資格を取得することをおすすめします。なぜなら、保育士という仕事は実践的な技能が非常に要求されるからです。養成学校のうち特に短大や専門学校では、実際に役立つ技能を習得することができ、保育現場に立った時に即戦力となれます。国家試験でも音楽・絵画・読み聞かせの実技試験はありますが、実習は義務付けられていませんし、基本は独学のため、子どもとの接し方や遊び方などを学ぶ機会がありません。そのため、現場に立った時、どう対応していいかわからないことが少なくないのが実情です。

通信制大学という選択肢

とはいえ、育児中であったり、既に社会人として働いていたりして、通学が困難なこともあるでしょう。その場合は、通信制大学という選択肢があります。基本的に自宅学習となるため、時間の融通が利く一方、年に何度かスクーリングを受けたり実習にいったりするため、実技能も身に着けられます。改めて保育士試験を受験する必要はなく、必要な単位を取得すれば卒業と同時に資格が取得できます。また大学卒業資格も手に入れることができるメリットも。通信制大学は、実習先を自分で見つけなければいけなかったり、モチベーションの維持が難しいといった難点もありますが、通学は難しいけれど本気で保育士を目指したい人は、検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

保育士の求人を大阪で探すと、保育士の求人が豊富です。短時間の勤務も可能なため、チェックしてみるとお得な情報が見つかります。